令和5年度
教職員等環境教育・学習リーダー研修会
~SDGsの達成に向けた環境教育・ESD実践講座~

大仙市立大曲南中学校の実践(Zoom動画)
  
第2回
環境教育推進専門家会議資料(2023年7月20日)
「ESDfor2030学び合いプロジェクト
「ワールド・気候スタディズESD/SDGs」
あきたSDGsアワード2022受賞 
 
 
第23回環境美化教育優良校等表彰
最優秀賞文部科学大臣賞受賞

 

   
※大曲南中学校の取組の紹介動画  
〒014-1412 
秋田県大仙市藤木字上野中70番地の2
TEL:0187-65-2001
FAX:0187-65-2051
アクセスカウンター 

 
令和5年度
学校経営グランドデザイン
令和5年度
ESD
ストーリーマップ
1年生
2年生
3年生
令和5年度
ESDカレンダー
1年生
2年生
3年生
NEW
令和5年度
学校評価
 
大曲南中ESD
学習で身に付けたい力
評価(生徒アンケート)

ユネスコスクールとしての取組
ユネスコスクールのWebサイトへ
茶室
北華亭のご案内


  
 
 
更新履歴   
2月22日 学校報No.34を掲載しました。トピックスを掲載しました。令和5年度学校評価を掲載しました。 
2月14日 学校報No.33を掲載しました。トピックスを掲載しました。
2月2日 学校報No.32を掲載しました。
2月1日 トピックスを掲載しました。2月の行事予定を掲載しました。
1月23日 学校報No.31を掲載しました。
1月22日 トピックスを掲載しました。
1月17日 トピックスを掲載しました。学校報No.30を掲載しました。
1月11日 文部科学大臣優秀教職員表彰関係資料と魁の記事を掲載しました。
1月10日 トピックスを掲載しました。
1月5日 1月の行事予定を掲載しました。
12月25日 トピックスを掲載しました。感想を追加しました。学校報No.29を掲載しました。
12月19日 東北ESD/SDGsフォーラム2023の資料を、「ESD」にアップしました
12月18日 トピックスを掲載しました。個人に係る情報(報道されていないもの。写真除く)を削除しました。
12月14日 学校報No.28を掲載しました。トピックスを掲載しました。
12月7日 トピックスを掲載しました。学校報No.27を掲載しました。ESDにデータを追加しました。
12月6日 トピックスを掲載しました。
※11月以前の更新履歴は削除しました。
  
 
 
 
 



2月
2月20日(火)2年生「未来のエコシティーを設計しよう」
 一級建築士松塚智宏氏を講師に迎え、持続可能なまちづくりを提案しました。(クリックで拡大できます


①微生物を作り出す工場があり、そこで汚れた水から養分を作り出す微生物と、その養分を電気に変える微生物を生産している。微生物が作った電気を家や会社などで利用するまち。
②各家庭で出たゴミを地下に落とすとき、発電機を回し電気を起こす。地下に溜まったゴミは発酵させて肥料に。地下が発電所になるので景観がよくなるメリットも。
③道路の振動、歩くときの振動、水道の水の勢いなどを発電に使って、あらゆる場面で電気を作り出すまち。W(ワット)を1秒もムダにしないまち。
④空き家を解体して、様々なものにリサイクルするまち。木材を肥料にしたり、使っていない田んぼを緑化したりする、超循環型都市。



2月20日(火)PTA授業参観・全体会・学年懇談
 ご参加ありがとございました。

2023年度「2050年の社会と私たちのくらし」
アイデア募集
(日本環境教育学会)
最優秀賞:「農業×アパレルで目指す循環型社会!」
        
①応募用紙(生徒会)      ②アイデア(生徒会)
優秀賞:「冬での生活」
        
①応募用紙(小玉)        ②アイデア(小玉) 
2月8日(木)新入生体験入学
 4月から入学する新入生24人を迎え、1年生と一緒に、SDGsについてのワークショップを行いました。昨夏の大仙市中学生サミットの時、藤木小学校の代表から「南中生と一緒にSDGsのワークショップをやりたい」という希望があり、今回実現しました。SDGsの17の目標について、あきた地球環境会議の福岡真理子さんから詳しく教えていただきました。その後、中学校生活について、1年生が説明しました。


1月
第14回ESD大賞学校紹介動画
                                      NPO法人日本持続発展教育(ESD)推進フォーラムへのリンク
アイシティーecoプロジェクト
使い捨てコンタクトレンズ回収    6.37㎏ 6,370個回収 
  
昭和58年会 梵天来校
 1月26日(金)には角間川梵天が、1月31日(水)には藤木梵天が来校し、受検生の合格祈願を行ってくれました。
第14回 ESD大賞ESD優秀賞
 この度本校が受賞することになりました。これは、NPO法人日本持続発展教育推進フォーラム主催のアワードで、ESDの理念に基づく取組を積極的に実践する学校を奨励するものです。教科横断的なカリキュラム編成の工夫や主体的・対話的で深い学びの実現に向けた学校全体での取組、地域の特性を生かし、ひとや関係機関とのつながりを大切にした実践、独自性のある取組などが評価されました。本年度、全国的な大きな賞を2つ受賞することが出来ました。地域の皆様や、連携してくださった企業や団体の皆様に感謝いたします。今後もESDを本校の柱として取り組んでまいります。
           

①応募フォーマット  ②資料Ⅰ(大曲南中ESD)  ③資料Ⅱ(ESDカレンダー)
④資料Ⅲ(ESDストーリーマップ)  ⑤資料Ⅳ(「E:教育」の評価)  ⑥資料Ⅴ(「SD:持続可能性」の評価)

「まち美化キッズ」HPに本校の活動動画が紹介されました。
https://www.kankyobika.or.jp/kids/bika_2.html(メインページ)
まち美化キッズ - 小学生や中学生のまち美化作戦 - 秋田県大仙市立大曲南中学校 (kankyobika.or.jp
)

令和5年度文部科学大臣優秀教職員表彰
「社会に開かれた教育実践奨励賞」(教職員組織)
 今年度、上記の表彰を受けることになりました。学校教育において教育実践等に顕著な成果を挙げた方(団体)を、優秀教職員として表彰する制度です。本校は、分野は異なりますが2年連続の文部科学大臣表彰です。
 表彰式は次のとおり開催されます。
 日時:令和6年1月16日(火) 14:00~16:00
 会場:東京大学・安田講堂
本校の外部と連携した取組が評価されての受賞で、大変光栄に思います。今後も取組を継続するとともに、よりいっそう社会に開かれた教育実践を目指したいと思います。

                                         1月10日付け秋田魁新報の記事
      ①推薦書    ②関連資料
2024年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
12月
2023年、大変お世話になりました。来年も大曲南中学校の教育活動にご理解とご協力をお願いいたします。
12月21日(木)産業技術総合研究所出前講座「燃料電池」
 産業技術総合研究所電気技術研究部門主任研究員(工学博士)安藤尚功さんを迎えて、2、3年生を対象とした講座を開催しました。テーマは「燃料電池」。燃料電池の発電の仕組みを学習したり、実際に燃料電池を組み立てて発電実験をしたりして、学習を深めました。
〇私は特に燃料電池の良いところや悪いところについて印象に残りました。発電時の二酸化炭素排出量がほぼゼロで、すごいし、これで「エネルギー問題解決じゃん!」と思いました。だけど、もちろん悪い点があり、発電するための機材がとても高価だし、天然の水素はなく、自分たちで作らなければならないので、とても手間がかかると知りました。どの発電にも、メリット、デメリットがあると知りました。
〇今まで知らなかった詳しい仕組みを知ることが出来てよかったです。燃料電池は他の方法に比べて二酸化炭素を排出しないという大きな特徴があるので、これからの時代は主流になっていくことと思います。値段が高かったり、水素を手に入れるのが面倒だったりするけど、地球の環境や発電効率を考えたときに燃料電池は優れているので、研究者の方々が改良してくださることに期待しています。また、エネルギーをあまり使わないように、自分たちに出来ることがあると知れたので、省エネの生活が出来るよう意識したいと思いました。



12月15日(金)東北電力出前講座
 「いろいろな発電方法について知ろう!」

 東北電力秋田支店 企画管理部門(総務広報) 主任 水戸一仁さん、三ヶ田早紀さんを迎えて、2,3年生を対象に講座を開催しました。2年生は現在、理科で電気の勉強をしています。3年生は、昨年勉強し、今年はエネルギーとしての電気を勉強しています。発電の仕組みを学んだり、模型でのデモンストレーションを見たり、実際に自分で電気を起こしたりして学習を深めました。
〇今までの授業よりも模型などを使ってとてもわかりやすく発電する機械の仕組みが分かりました。また、自分たちで実際に電気を作る体験を通して、電気を作る大変さがとてもよく分かり、節電の意識がさらに高まりました。発電の方法は、日本は火力発電だけでまかなっていると最初思ったけど、様々な発電方法を組み合わせて作っているということは初めて知りました。電気への学びが深まったいい機会になりました。
〇今日の講座では改めて様々な発電の特徴を学ぶことが出来たし、体験することで発電の難しさを理解することが出来てよかったです。今日、特に印象に残ったのは脱酸素のための取組です。ぼくは正直、火力発電もあるし脱炭素は難しいのではないかと思っていました。どんなに難しくても、様々視点からのアプローチが大切なんだと感じました。最後に話されていた「エネルギーはバランスが重要」という言葉がとても印象に残りました。



                                
12月13日(水)ユネスコスクール活動発表会
 3年生がオンラインで参加しました。本校以外の参加校は、東京都杉並区立西田小学校、神奈川県横浜市立幸ヶ谷小学校、奈良県奈良市立済美小学校、京都府京都市立安珠小学校、兵庫県姫路市立安富北小学校、神奈川県湘南学園中学校・高等学校です。自分たちの活動をプレゼンするとともに、他のユネスコスクールの活動内容を聞き、自分たちがこれまで取り組んできたSDGs達成のための活動を振り返りました。
【講評・総括より】
 各校の取組には、同じものがありません。学校の特色を生かして活動し、いろいろな人と話をすることが大切です。子どもが変われば地域と社会が変わります。子どもが行動すれば、地域がよくなります。
Think Globally, Act Locally   Think Future,Act Now  です。
SDGsバッヂ(wheel)贈呈    
 毎年、生徒会総務の皆さんには、SDGsバッヂをつけてもらい、生徒会活動でSDGsを達成することを強く意識して活動してもらっています。今年も、新たに総務委員になった5名にバッヂを贈呈しました。常にSDGs達成のための高い意識をもって頑張ってほしいと思います。 
「角間川物語パートⅢ」を寄贈されました。
 角間川地区コミュニティー会議(会長:本間和也様)から、角間川物語パートⅢを寄贈されました。パートⅢは来年度のカレンダーになっています。本校関係の写真もたくさん掲載されています。角間川地区の全戸に配布したとのことですが、本校でも各教室に掲示します。ありがとうございました。
12月6日(水)PTA講演会
 一般社団法人Sail on Japan代表理事 奥 真由美 氏を講師にお迎えして、「これからを生きる皆さんに必要な力~好奇心の種を育てること~」と題しての講演会が行われました。
○奥さんの話を聞いて、人生で大切なものは何かを考えることができました。高校生と無人島に行く勇気が素晴らしいと思いました。無人島には何もなくて、苦しい生活だったと聞きました。その中で、生き抜くことは大変で辛かったと思います。奥さんの経験から、考えることと失敗することの大切さを学びました。これからは、小さなことを積み重ねて、何事にもあきらめずに取り組みたいです。
○私たちに生きる力について教えていただき、ありがとうございました。特に、無人島に行って、教えてもらう人もいなくて、何の魚を食べていいのかも分からない状況でも、生きていかなければならないので、対応力がとても必要なんだなと気づかされました。また、高校生との活動を見て、誰かに言われて行動するのではなく、自分たちからやりたいことにどんどん挑戦していくという、自発的な行動も大切だと思いました。色々なことに挑戦していきたいです。
学校活性化アンケートへのご協力のお願い
 12月6日(水)、本校から保護者の皆様への一斉メールで、学校活性化アンケートの回答オフォームを送信しています。お忙しいところ恐縮ですが、12月15日(金)までにご回答くださるようお願いいたします。回答は、Microsoftフォームズ上で行います。最後に「送信」をクリックしてください。やり方が分からない場合には、お気軽に学校にお問い合わせください。教頭が説明いたします。なお、ご回答いただいたデータは、学校経営や学校活性化に活用推させていただく以外には、一切利用しませんで、ご安心の上ご回答くださるようお願いいたします。
12月5 日(火)藤井聡太8冠の歓迎セレモニー 
 旧本郷家住宅で行われた歓迎セレモニーに、生徒会総務10名が参加し、藤木小、角間川小の児童とともに、横断幕で歓迎しました。当日の様子は、テレビや新聞で大きく取り上げられました。

藤井竜王が秋田県大仙市へ 「対局の気分味わえた」、旧本郷家住宅を見学|秋田魁新報電子版 (sakigake.jp)

12月4 日(月) 「弁当の日」
 夏休みから計画し、前日から準備したお弁当を、笑顔で食べる姿はいいものでした。おいしさもひとしおだったと思います。





令和5年度教職員の
業務改善推進計画



R4報告書


令和5年度年間教育計画

2月の予定
1 1次募集入学願書受付開始(~6日)
2 スケート教室
(1、2年生県立スケート場)
3 第55回アンサンブルコンサート(9:00~ 和ピア)
4
5 介護用品贈呈式
6 1次募集入学願書〆切(正午)
7 学校評議委員会(10:30~11:55)
8 新入生体験入学
1次募集志願先変更受付期間(~13日)
9 1年生特別授業(5校時:道徳)
10
11 建国記念の日
大潟錬成剣道大会
12 振替休日
13 1次募集志願先変更〆切(正午)
図書館サポーター来校(13:30)
14 職員会議
特別支援教育推進委員会
調査書提出開始(~16日)
南中Family day①
15
16 調査書提出〆切
17
18 部活動テスト休み(~20日)
19 専門委員会
20 PTA授業参観
松塚先生来校
21 1・2年後期期末テスト
3年実力テスト⑦
22
23 天皇誕生日
24
25
26
27 生徒総会
28 南中family day②
29 中学生サミット(15:30~16:15 リモート)