本文へスキップ

大仙市立仙北中学校は、「よく学び、さわやかに、たくましく生きる生徒」の育成をめざす学校です。

電話でのお問い合わせはTEL.0187-69-2113

〒014-0113 秋田県大仙市堀見内字西福嶋29

学校紹介SCHOOL INTRODUCTION

学校概要 School profile 

学校名
大仙市立仙北中学校
所在地       
〒014-0113
秋田県大仙市堀見内字西福嶋29
                 →アクセス
TEL/FAX
TEL:0187-69-2113  FAX:0187-69-3262
校長
茂木 譲
設立
昭和33年 4月       
職員数       
26名(平成29年4月現在)       
生徒数
166名(平成29年4月現在)       
学級数
9学級(平成29年4月現在)

校歌 School song 

仙北中が位置する場所は、川口川や丸子川が形成した豊沃な平野中央にあります。本校からは、東に奥羽山脈、西に出羽丘陵、南西には鳥海山を望むことができます。本校の校歌には、四季折々のふるさと仙北の情景が描かれ、自然にたくましく生きる仙北中生の姿が歌われています。


沿革 School history 

1.学校沿革

昭和31年  5月26日 高梨中学校と横堀中学校の統合決議
昭和33年  3月31日 高梨、横堀両中学校の閉校式
昭和33年  4月 7日 仙北村立仙北中学校創立開校式
昭和35年 11月10日 特別教室増築(音楽・家庭科・技術・図書)
昭和38年  3月 9日 校歌制定(竹内瑛次郎作詞 佐藤長太郎作曲)
昭和42年  9月 1日 完全給食が開始
昭和43年 11月 2日 創立10周年記念式典
昭和49年  3月 9日 創立15周年記念式典
昭和49年  4月 1日 町制施行により仙北町立仙北中学校と改称
昭和49年 10月 6日 校訓「開智創造」の制定・掲額
昭和52年 10月24日 創立20周年記念式典
昭和52年 12月 8日 新校舎完成・落成式
昭和58年 10月30日 美術科陶芸用焼窯小屋設備
昭和62年 10月12日 創立30周年記念式典
平成 2年  8月 6日 プール工事完了・プール開き
平成 8年  9月11日 3年生、ヘリコプターによるふるさと探訪開始
平成 9年 11月 7日 創立40周年記念式典・交声曲《この大地より》
 (高階航作詞、高橋馨作曲)の初演
平成11年 10月29日 交声曲《この大地より》を
 大曲市民会館にて演奏(〜14年)
平成13年 11月28日 コンピュータ新規設置(20台設置)
校内LAN工事完了
平成14年  5月13日 学校給食センター「もぐもぐランチHouse」竣工する
平成15年  7月29日 秋田県学校給食優良校として表彰される
平成15年 12月21日 全国中学校駅伝競走大会(女子の部)に
              秋田県代表として出場
平成16年  8月10日 秋田県中学校総合体育大会において、
 ソフトテニス部団体優勝(35年ぶり2度目)
平成17年  3月22日 市町村合併により、大仙市立仙北中学校と改称
平成17年〜18年
文部科学省指定「豊かな体験活動推進事業」実践
平成19年 10月27日 創立50周年記念式典
 交声曲《この大地より》演奏会
 盛岡仙北中との交流会実施
平成20年  7月19日 秋田県中学校総合体育大会
 卓球女子団体優勝(東北大会ベスト8)
平成20年 11月15日 秋田県秋季卓球大会 卓球女子団体優勝
平成21年  7月  秋田県中学校総体
 ソフトテニス男子団体準優勝(東北大会出場)
 卓球女子団体第3位(東北大会出場)
平成21年  8月 WRO全国ロボット競技大会出場
平成21年 10月 中高連携事業実施(大曲工業・大曲農業)
平成21年 11月 国際教養大学留学生との交流
平成21年 12月 地区小中学校授業交流会の実施
平成22年  8月 WRO全国ロボット競技大会2年連続出場
平成22年 12月 校舎体育館耐震工事関係完了
平成23年 東日本大震災関連活動
 義援金募金
 励ましの手紙を送る
 保育園児にクリスマスカードを送る など
平成23年 10月 「この大地より」演奏会
 地域の吹奏楽団、コーラスグループ、
 卒業生の共演で開催
平成23年 10月 秋田県教育委員長 佐藤一成氏 来校
平成24年  6月5日 秋田県教育長 米田進氏 来校
平成24年  7月 秋田県中学校総合体育大会
  ソフトテニス男子団体優勝(8年ぶり3回目 東北大会出場)
平成27年  7月  秋田県中学校総合体育大会
  柔道女子48kg級 優勝 新田怜美(全国大会・東北大会出場)
  卓球大会女子団体第3位(東北大会出場)
平成28年  1月 第21回天皇杯都道府県対抗男子駅伝競争大会(広島市)  
                 秋田県代表第2区出場 竹村拓真 

2.研究歴

昭和36年 11月21日 全教科の学習指導研究指定校として公開する。(南出張所)
昭和43年  4月 1日 学校保健研究推進指定校となる。(県教委43・44年度)
昭和47年  4月 1日 保健体育研究指定校となる。(県教委)
昭和48年 10月 8日 保健体育公開研究会を開催する。
昭和55年 10月16日 生徒指導研究指定校として公開する。
 (県教委53年度、文部省54・55年度)
昭和63年 10月12日 五校合同研究会会場校となる。
平成 元年  4月12日 武道指導推進指定校となる。(文部省、県教委元〜3年度)
平成 2年 11月19日 武道指導中間発表会を行う。
平成 3年 10月 9日 武道指導公開研究会を行う。
平成 5年  9月29日 五校合同研究会会場校となる。
平成 7年  5月 1日 秋田県福祉教育推進校の指定校となる(7〜9年度)
平成 7年 11月 2日 仙教研進路指導研究会
及び学校図書研究会の会場校となる。
平成 8年 10月22日 仙教研音楽研究会の会場校となる。
平成 9年 10月16日 仙教研特別活動研究会の会場校となる。
平成10年 11月13日 五校合同研究会会場校となる。
平成13年  4月 1日 食生活に関する教育実践事業・食生活カリキュラム実践モデル校となる。(県教委)
平成13年  4月 1日 「健康教育総合推進モデル事業」文部科学省委嘱校となる。
(13〜15年度)
平成14年  4月24日 “一校に一農園を”推進対策事業実施計画の承認を受け、学校田で稲作に挑戦する。
平成14年 10月 4日 仙教研数学研究会の会場校となる。
平成14年 10月19日 エネルギー教育の推進校となる。(14〜16年度)
(財団法人社会経済生産性本部・エネルギー環境教育情報センター委嘱)
平成14年 11月 6日 全県栄養士研究会の会場校となる。
平成15年  4月 1日 学校給食における学校・家庭・地域の連携推進事業の推進校となる。
(15・16年度日本体育・学校保健センターの委嘱校となる。県教委)
平成15年  4月 1日 安全かつ安心な学校給食推進事業の推進校となる。
(15・16年度文部科学省スポーツ・青少年局、県教委)
平成15年  4月 1日 教育課程研究指定校(数学、技術・家庭)
(15年度国立教育政策研究所)
平成15年 11月12日 秋田大学名誉教授山田悦郎氏の講演による
エネルギー教育研修会を行う。
平成15年 11月13日 毎日新聞社より新体力づくりの視察を受ける。
平成15年 11月26日 文部科学省指定「教育課程」自主公開研究会を開催する。
平成16年  3月17日 17・18年度文部科学省指定「豊かな体験活動推進事業」推進校に委託される。
平成17年  3月 文部科学省指定「豊かな体験活動推進事業」中間報告
平成18年  3月 文部科学省指定「豊かな体験活動推進事業」報告を行う。
平成20年  9月 8日 サイエンスパートナーシップ「科学マジック講座」開催
平成21年 11月13日 国際教養大学留学生との異文化交流事業
平成21年 12月 9日 小中連携授業交換会の開催
平成22年〜23年 国立教育政策研究所指定「小・中連携教育実践研究事業」
平成22年 10月29日 仙教研音楽研究会会場
平成23年  6月22日 国立教育政策研究所教育課程研究センター
 センター長 神代浩氏 来校
平成23年 11月17日 国立教育政策研究所指定
「小・中連携教育実践研究事業」公開研究会
  文部科学大臣官房審議官 徳久治彦氏
  文部科学省教育課程調査官 直山木綿子氏
  文部科学省 近藤聡子氏 来校
平成24年 10月 仙教研社会科研究会会場
平成26年 10月  仙教研保健体育科研究会会場
平成27年 10月  仙教研道徳研究会会場




shop info店舗情報

大仙市立仙北中学校

〒014-0113
秋田県大仙市堀見内字西福嶋29
TEL.0187-69-2113
FAX.0187-69-3262