〒014-0207
秋田県大仙市長野字新山5の1

TEL:0187(56)2328  FAX:0187(56)4657

 トップページ > 学校紹介 > 沿革の概要
昭和38年 4月1日長野中学校と清水中学校が名目統合して中仙町立中仙中学校が設置される。

9月校舎建築に着工,普通教室8竣工。
昭和39年 普通教室6,管理棟(校長室,職員室,放送室,教具室,美術室,保健室,図書室,理科室)11月竣工。
昭和40年 校旗樹立,校歌制定。

体育館,特別教室棟(調理室,被服室,つなぎ廊下,浴室,自転車置場,焼却炉)竣工。

10月1日をもって実質統合の日とし新校舎において授業を開始する。「開校記念日」
昭和41年 音楽室竣工。
昭和42年 木工,金工,準備室竣工。
昭和43年 C級公認50Mプール築造,野球場バックネット設置。
昭和44年 プール更衣室竣工。
昭和48年 創立十周年記念式典挙行。県指定統計教育公開研究会。野球場スコアボード寄贈される。
昭和49年 国旗掲揚塔落成。
昭和50年 本校主催第1回全県中学校選抜野球大会開催。
昭和52年 ピアノ購入。
昭和58年 創立二十周年記念式典挙行。岩石園,花壇造成。
昭和60年 『先進の像』寄贈される。
昭和63年 野球場ダッグアウト二基造成。
平成元年 PTA全国協議会長賞受賞
平成4年 学校週5日制に関する調査協力校として文部省指定(2ヵ年)
平成5年 校舎改築開始。
平成6年 校舎改築完了。創立三十周年記念式典挙行。
平成7年 校舎改築竣工式
平成8年 前庭工事完了
平成9年 自転車置場完成(管理棟南側)
平成10年 豊かな心を育む教育推進実践研究協力校として文部省指定(2ヵ年)を受ける。
平成11年 ふるさと子どもドリーム支援事業として「コスモス大作戦」を展開する。

「中仙プラン」をもとに,豊かな心を育む教育推進実践公開授業研究会を開催する。
平成12年 体育館消防設備工事完了

ふるさと子どもドリームアップ支援事業として「コスモス大作戦2000」を展開する。

体育館バレー支柱工事完了

学校におけるボランティア等活用実践研究の指定(2ヵ年)を中仙中学区として受ける。
平成13年 体育館暗幕改修工事完了

コンピュータ室システム改修工事完了

ふるさと子どもドリームアップ支援事業として「コスモス大作戦2001」を展開する。
平成14年 学校週5日制開始に伴い土曜自学自習支援事業(図書室開放)を実施する。

ふるさと子どもドリームアップ支援事業として「コスモス大作戦2002」を展開する。

仙教研教科研究会(理科会場)を開催する。
平成15年 PTA体育部主催の早朝除草作業に多数の親子が参加する。
全校ボランティア活動収益金で車いす2台を購入し桜寿苑に寄贈する。
平成16年 全校ボランティア活動の収益金で高級車いす1台を購入し八乙女荘に寄贈する。
平成17年 1年生のコスモス花壇を増設する。

全校ボランティア活動の収益金で車いす2台を購入し桜寿苑に寄贈する。

仙教研教科外研究会(視聴覚会場)を開催する。

市町村合併(3月22日)に伴い,大仙市立中仙中学校となる。
平成18年 全校ボランティア活動の収益金で車いす2台を購入し桜寿苑,八乙女荘に寄贈する。
平成19年 キャリア教育(文部科学省キャリア・スタート・ウィーク推進地域)を実践する。
平成20年 全校ボランティア活動の収益金で車いす1台を八乙女荘に,介護用マット1枚を桜寿苑に寄贈する。
平成21年 仙教研教科外研究会(進路指導会場)を開催する。

全校ボランティア活動の収益金で,介護用マット1枚,クッション6個を桜寿苑・八乙女荘に寄贈する。
平成22年 文科省指定『全国学力・学習状況調査の結果等を活用した調査研究事業』研究実践校

全校ボランティア活動の収益金で,介護用マットを八乙女荘に,車いす1台を桜寿苑に寄贈する。
平成23年  文科省指定『新学習指導要領の趣旨を踏まえた学力向上等の方策に関する調査研究』研究実践校

全校ボランティア活動の収益金で,車いす1台を八乙女荘に,歩行器2台を桜寿苑に寄贈する。

長年のアルミ缶回収の功績が認められ、アルミ缶回収協会から優秀校として表彰される。

秀作美術展東京美術文化協会賞・日本美術教育連合賞。

WRO(ワールドロボットオリンピアド)Japan県大会最優秀賞(全国大会出場)。 
平成24年  WRO(ワールドロボットオリンピアド)Japan県大会最優秀賞(2年連続全国大会出場)。

全日本吹奏楽コンクール秋田県大会にて金賞。 

全県英語暗唱弁論大会(暗唱の部)最優秀賞にて、東北大会出場。

全校ボランティア活動の収益金で,八乙女荘と桜寿苑に車いすを1台ずつ寄贈する。
平成25年  創立五十周年記念式典挙行。


PDFファイル閲覧ソフトへのリンク