校是
   
 過程を互いに共有し、かかわり合うことによる共生的・互恵的相互関係

  管理職によるトップダウンや継続実施の安易な計画によらず,よりよい改善を目指して知恵と汗を結集し,共生的・互恵的相互関係を築いてその中に自らの自己有用感を見いだす。真の信頼を得るために,創意と実践のプロ集団を目指す。 
 
 教育目標                     
自立への芽を はぐくむ
みんなが 考えます、助けます、動きます 
 
 教育の本来的な目的である「人格の完成」および、大仙市の教育目標「生きる力を育み、社会を支える創造力あふれる人づくり」をふまえ、教育目標「自立への芽をはぐくむ」を設定した。
 「自立への芽」とは、将来の生活において、社会人として精神的に・生活的に・職業的に自立するための夢や、それにつながる目標のこと。「はぐくむ」とは、自立につながる夢や目標に向かって、失敗をおそれずに勇気を持って行動し、嫌なこと・つらいことに対しても実践や努力を重ね、実現の可能性を広げさせていくこと、と考える。
 平成20年4月に開校した本校は、今年度、統合10年目を迎えた。9年間で小・中連携や学校支援地域本部事業など、本校の特色となる活動や事業を積み重ねてきた。今年は、これまでの9年間の歩みを総括し、本校の伝統となって定着したものを継続させ、子どもたちを伸ばし・成長させてきた成果を発信する年と考える。そして、子どもたちには引き継がれてきた伝統と自分たちの活動に自信をもたせることで、「自立への芽をはぐくむ」姿を自覚させたいと考える。そのためには、自尊感情を高めながら他人任せにしない行動を促し、一人一人の可能性を広げてあげることが大切であると考える。
そこで教育目標具現のために、~みんなが 考えます、助けます、動きます~を全校の合い言葉として掲げ、目指すべき児童の姿を6項目、具体的に示して取り組ませて達成を図りたい。また、職員には、保・小・中や保護者・地域との連携推進や結果を恐れず変化させていくことを促し、子どもたちに対しては、機を逃さずよいことはよい、悪いことはダメと毅然として指導し、頑張りに対しては大いにほめて成長させることが最も大事な手立てと考え、経営にあたりたい。                                
                                           29年度学校経営の全体構想図へ
 
(1)”自立の芽をはぐくもうとみんなが 考え、助け、動く”こんな子どもに
○自信
 ・内容をしっかり聞いたり読んだりし、それに対して自分の考えをもてる子ども
 ・いつでもどこでも自分の考えや思いを堂々と表現する子ども・・・問いを発する子ども
○学び
 ・人任せにしないで、互いにかかわり合いながら学びを深める子ども・・・総合的な学力
 ・自ら課題を見つけて調べたりノートで振り返ったりしながら、自力で解決しようとする子ども・・・主体的な学び
○努力
 ・将来の夢や目標実現のために粘り強く挑戦する子ども・・・キャリア教育
 ・困っていることや難儀な仕事を進んで引き受けたり助けたりする子ども
 ・いろいろな活動を仲間と協力し、やりぬく子ども
○思いやり
 ・いじめやいじわるをせず、だれにでもやさしい心で接する子ども・・・豊かな心
 ・地域のよさ、友だちのよさを認め、なかよくできる子ども・・・ふるさと教育
○健康
 ・素早い行動を心がけ、元気に運動(活動)する子ども・・・健康な体
 ・健康を大事に考え、早寝・早起き・朝ごはんを実践する子ども
○安全
 ・個と集団の安全意識を繋げ、自分の命を自分で守れる子ども・・・防災教育
 ・命の大切さがわかり、安全な登下校やくらしができる子ども・・・安全教育

(2)子どもたちを支えるこんな学校(学級)に~教育目標の実現を意識して
 ○ みんなが新しい校舎を愛し、学習の場にふさわしい環境が整った学校
 ○ 子どもも教師も自己有用感をもち、諸活動に積極的に取り組む学校
 ○ 確かな教育活動で、子どもたちの心力・学力・体力を伸ばす学校
 ○ 安全に気を配り、子どもたちが安心して通うことのできる楽しい学校
 ○ 地域の教育力を活用して、子どもたちのニーズに応える教育を展開する学校
 ○ 家庭や地域と連携し、情報発信や収集に努め、開かれた学校づくりを推進する学校
 
(3)子どもたちを指導するこんな教師に~「同僚性」を発揮して
 ○ 教育愛に満ち、子どもたちに夢や感動を与えることができる教師
 ○ 進んで研修に励み、楽しくわかる授業で学ぶ喜びを感得させることができる教師
 ○ 心の痛みが分かり、きめ細やかな指導や支援によって子どもたちから信頼される教師
 ○ 子どもたちと共に汗を流し、勤労の尊さと喜びを分かち合える教師
 ○ 地域の自然や文化について学び、学習に活かし、特色ある学校づくりに積極的に取り組む教師
 ○ 時代の変化や地域や保護者の意見を学校改善に活かす教師
 ○ 省エネやコスト意識を持ち、児童の手本となり、社会や地域に貢献する教師

このページの上へ       トップページへ