秋田県大仙市立協和中学校

数学科実践記録

研究主題
  「学ぶ意欲を高め,基礎・基本の定着を図る」指導の工夫

1 指導の実際と評価
 (1) 学習意欲を高めるための焦点化された課題を設定する。
  ○生徒が課題を見い出すことができる問題の提示を行い,まとめにつながる焦点化された課題を
   設定する。
      問 題 →(疑問・ギャップ)→ 課 題 → 課題解決→ まとめ
  ・授業の中では,課題を自分たちの言葉で設定することで,課題を自分のものとして捉えている
   姿が見られようになった。
 (2) 活用する力を高めるために課題解決の過程での練り合い・学び合いを充実させる。
  ○効果的な学習形態で,ねらいに迫る言語活動を工夫することで個の思考が深まる集団思考を充
   実させる。
  ・全国学力・学習状況調査B問題では,ほぼ県平均と同値であり,記述式の設問の半数以上で県
   平均を上回り,概ね満足できる結果となった。
  ・授業の中では,何を考えればいいかが明らかであること,学び合う時間を十分に確保している
   ことで課題解決に意欲的に取り組む生徒の姿が多く見られるようになった。
 (3) 個別指導の充実と学習内容の定着を実感できる学習の展開
  ○課題とのつながりが明確な言語化したまとめを各自のノートへ記述させる。
  ○問題練習,評価問題,自分なりの表現でのまとめ,自己評価等により,集団の学びを個に返し,
   理解の実感を伴う学習活動を行う。
  ・県学習状況調査では,1・2年生とも県の通過率を下回った。全体的に問題文の内容を的確に
   とらえることが苦手で,問題の趣旨に沿っていない誤答が多く見られた。1年生で特に通過率
   が低かったものは「数の範囲を問う問題」「立体の体積」「文字式と図を関連させた表現」。
   2年生では「三角形の合同条件」「三角形の合同の証明」であり,図から必要な数値や長さが
   等しいなどの情報が読み取れない。授業の中の問題練習や評価問題では,ほぼ達成された状況
   にあるが,諸調査の結果から時間が経っても学習内容が定着し    ている状況には達して
   いない。
 (4) 補充学習を実施する。
  ○これまでの諸調査から得られた短期的課題,中・長期的課題の改善に向けた検証改善プランを
   作成し,自作シートやフォローアップシートを用いて,計画的・継続的に課題改善に取り組む。

 □ 2年「いろいろな連立方程式」指導案


2 課題改善への取組

 (1) 知的好奇心をくすぐる問題提示とゴールが見通せる課題設定を今後も実施し,「考えることが
  めんどう」という感情の改善に努める。また,スモ−ルステップによる学習や計画的な個別指導
  を行い,「不得意」「分かりにくい」等の感情の改善をする。
 (2) 自分の考えを書いたり,説明したりする機会の充実を図るとともに,考え方の根拠を述べて説
  明する習慣を確立させるために,根拠となる考えをノートに記録することを今まで以上にきちん
  と継続させていく。
 (3) 全国学力学習状況調査B問題や県学習状況調査やその類似問題を用いた補充指導を計画的に行
  い,活用する力の向上に努める。